第187回国会への請願趣旨と自衛官守る会 の設立趣旨
■自衛官守る会(自衛官守る会)の設立趣旨

【請願を始めたきっかけ】 自衛官の仕事や訓練が厳しいことは知っていましたが、仕事以外の休養の時間にもたくさんの制約があり生活環境が想像以上に過酷だと知ったからです。

【会を作った理由】署名集めをしながら海上自衛隊だけでなく自衛隊全般の住環境や身分、社会的な地位などについて考えなければならないことがたくさんあることに気づきました。 この現実を考え改善するためには繰り返し国会に請願を上げる必要があると考える人が集まり、この会を作ることとなりました。

【第187回国会~193回国会までずっと同じ請願を行っています】

■ 自衛官は緊急の任務がある場合は数時間で基地内にかえってこなければならない為、おのずから居住場所は制限されています。しかし基地内の住居は軒並み老朽化しており、中には耐震強度すら心もとない住居も少なくありません。それに離島や過疎地などの勤務地では近隣に民間の賃貸住宅なども望めない場合もあります。幹部自衛官など2.3年に一度の転勤のある人々も多く、過酷な住環境や突然の転勤によって結婚や子育てなどの基本的な日常生活にすら大きな負担がかかることから隊員の離婚・離職率が増えており、せっかく訓練を積んだ隊員たちが自衛隊を辞めていくことに繋がってしまいます。差し迫った危機が想定されている昨今、このまま離職率が高ければ部隊の運用も難しくなってしまう上、それでも耐え忍んで尽力して下さる隊員達も、このままでは自らの生活や土地を守るという日々のモチベーションが低下してしまう心配があります。元々志の高い隊員の方々ですが、日々の生活や帰る家庭があればこそ、その家族との生活を維持しようという思いを更に強く持てるでしょうし、住んでいる街、住んでいる国への愛情が自然と育まれる事により「皆を守る」という決意が益々強固になっていくものだと思います。

【請願内容】
1. 自衛官が安心して任務に就ける住環境が整備されているかどうか調査し、老朽化した官舎や耐震性のない住宅など問題のある住宅については修理、建て替えなど対応してください。
2.急な転勤や民間住宅が基地周辺にない自衛官の為の住宅を基地の近くにつくってください。
3.その他、自衛隊で働く自衛官がその仕事に誇りをもち家族とともに退官まで仕事を続けることができるような対応策を国は考えてください。
請願用紙ダウンロードはこちら
詳しい請願内容はこちらです。
請願書類の書き方例
画像をクリックすると大きくなります。




■◇■ 賛助助会員募集 ■◇■
会の趣旨に賛同いただき、請願や署名あつめなどをするスタッフ会員ー正会員を年会費をお支払いただくことで資金面から支援していただく会員さんの募集です。
署名集め、請願事務手続き、会計などの各種事務手続き、広報、渉外などをボランティアで行う正会員をお手伝いいただければなおうれしいです。 年会費3000円
年に1~2度の会報と月1回の会員向けニコニコ生放送が見れます。また会主催の勉強会なども企画予定です。また賛助会員交流ブログなども発行予定です。
会報です。この会についての紹介記事です会報0号  PDFファイルです。これを読んでいただければ私たちの会のことがわかります。ぜひどうぞ。
賛助会員入会フォーム
フォームにご記入いただき、自衛官守る会の口座に会費をお振り込みいただければ入会手続きはおわりです。

自衛官守る会規約
賛助会員を随時募集しています。